Column

ブライダルコラム

20.10.06

BRIDAL

フラージャコ―のクオリティを支えるゴールドスミス

日本では聞きなれない【ゴールドスミス】

ヨーロッパにおいて、貴金属を扱う職人は、扱う金属によって「シルバースミス」や「ゴールドスミス」などと呼ばれ方が異なります。「シルバースミス(銀細工職人)」は、主に銀食器やフォークなど、シルバーの加工を専門に行い、「ゴールドスミス(金細工職人)」は、金細工やジュエリーの制作など、金や貴金属を専門に扱います。

 

 

ゴールドスミスは、中世の昔、ギルドと呼ばれる同業者組合で親方から弟子への技術の伝承を行っていましたが、現在のスイスにおける伝統の技術は国家試験と企業のアトリエで守られています。4年におよぶ学校での訓練を授業と実践、企業でのインターンシップを経た後に国家試験が行われます。この試験に合格した者だけが「ゴールドスミス」という称号を与えられ、企業のファクトリーに所属するベテランのゴールドスミスの元で技術を磨くことが許されます。

フラー・ジャコーのアトリエには数十年にわたり技術を磨いてきたゴールドスミスがおり、製品の製造に携わるだけでなく、かけがえのない職人の技を後世に残すこともブランドの使命と考え、若いゴールドスミスの育成にも力を注いでいます。長い歴史と伝統により、最高級の着け心地を叶えているのです!

今だけじゃなく、10年後、20年後により良いと思ってもらえるモノづくり…歴史の長いヨーロッパらしいです。

パリスタッフでも、自身のファッションリングとして、生涯に一本の結婚指輪として、フラージャコ―愛用者が沢山います。良さを誰よりも!?分かっているスタッフのリング、経年による変化も含め、見て見られたい方はお気軽のお声がけくださいね☆

 

 

 

 

カテゴリー:

BRIDAL

FURRER JACOT

Contact

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ・来店ご予約はこちら

TEL:0776-54-8080

11:00〜19:00 火曜定休

メールフォームでのお問い合わせ・来店ご予約はこちら