Information

2019年04月06日      ジュエリーパリ , 未分類

ドイツ研修

結婚指輪をお探しの方へ❤

こんにちは堀川です☺

今回、ブライダルリング

『EWB』ユーロウェディングバンドの

工房があるドイツへ、

日本でEWBを取扱うお店の中から

ジュエリーパリを選んで頂き

見学に行ってきました!

ユーロウェディングバンドは

ドイツのフォルツハイムという街に

拠点を構え

ふたつの工房

☆GERSTNER ゲスナー

☆eduard G fidel イージーエフ

で指輪が作成されています(^-^)

フォルツハイムはジュエリー彫金師が豊富な街でジュエリーが栄えるまでは、時計の彫金師が多かったようです✨

それでは、さっそく!!

ドイツ研修ブログ第一段はゲスナー工房見学♪

少し丘になった場所にゲスナーの看板!

カタログやネットで見たことある場所だ~(*´-`)感動ですっっ

なにより建物がでかい!!

そしてCEOエビさん(男性)

オフィス責任者イネスさん(中央)

デザイン責任者アネスさん(左)

この3人は姉弟です(^-^)

ジュエリーパリにも半年前に来訪頂いた

ゲスナーのセールス担当アリさん☆

工房には約130名のスタッフさん

1日に作成するリングはなんと600本!!

自社リングをはじめ、各国のOEMや有名ブランドのリングもこちらで作成。

70%をドイツ国内へ、30%を海外へ卸している150年以上の歴史を誇る老舗なんですよ(^-^)

ゲスナーが作る鍛造リングのこだわり。

それは、割金から製作すること。

独自の配合を施し、

溶かして延べ棒にする

圧延する前はしっかり厚みがあります!!

→延べ棒を圧延してのす

圧延機で200トンの圧をかけています。この作業をすることが重要で

リングの傷、ダイヤ取れ、変形を防いでいます(*´-`)

→薄くなった地金の板をリング状に抜く

→削って形をつくり写真のリングデザインにしていく

下の写真にあるリングから約50%削られて

オーダーされたリングになります!

鍛造で作られるリングは贅沢に作られていることがお分かり頂けるかなと✨

ベンツィンガーというダイヤセッティングを施す工程機械は撮影NG、、、

ゴールドマイスターと呼ばれる熟練者にしか作り出せないリング内側の滑らかさを出す工程もNG…

でも実際に職人さん(マイスター)が作業している姿を見れたので幸せ(;_;)

ゲスナーはデザインにもこだわっていて、いろんなものを見て、感じて、1ヶ月に1つは新しいリングのデザインを考案し、大会にも積極的に参加。

今年はドイツのトレンドセッターとして、2019レッドドットアワーズという賞を受賞!!!

私たちが訪れた前日に受賞が分かったらしく、新聞には何と書いてあるかは分かりませんでしたが、、、素晴らしい賞を受賞したことは間違いありません!!!

新聞に掲載されたデザインリングは、ゲスナーでしか作れないグラデーションリングで、本っ当に特別感があるんです!\(^o^)/

結婚指輪を検討中のカップル様、

ブログで良さが伝わって頂けると嬉しいです(^-^)

ユーロウェディングバンド、ぜひ一度試着にいらしてくださいね♪

次回ブログもドイツ研修です!お楽しみに~

相談する

PageTop