Information

2019年10月31日      Watch

カルティエNEWディスプレイ

もう11月!

クリスマスまでカウントダウンに入りました!

本当に早い一年が、またかけ足で過ぎ去って行くぅーーーー!気持ち、焦ります笑笑

もう、クリスマスには何着て行こう!

コーディネート考えるのも楽しい時間ですよね!パーティー大好き!セレブ、レッドカーペット、そんな似合うブランドは、カルティエ 。

華やかさのイメージ。

プラスして

歴史あるものを作っていける。メゾンの力。

2つを、実際続けるのは

歴史がある以上、あとにも先にも、限られたブランドしか出来ない訳で。。

で。。。

改めて見直して、憧れ時計に辿り着いたのが。

ベニュワール

ショーウィンドウが、ベニュワールに変わりました!!

現在のショーウィンドウのディスプレイです。

カルティエのベニュワールを、知っている方のイメージとしてあるのは、バスタブ型の楕円形のコロンとした小さい時計。

このイメージがあると思います。

それもそのはずで、もともとのデザインは、1910年にロシアのマリア・パヴロヴナ大公妃のためのペンダントウォッチとして、作られたデザインです。

そうなんです!ペンダント!

言われたら、ペンダントになるデザインですよねー(^^)

ロシア皇帝の従妹だった、皇族のお姫様。

しかし、彼女は、パリからNYに住んだり、当時には珍しいハイセンスな女性で、ココシャネルとも、取引したり香水の会社を作ったりと、バイタリティがあった方のようです。

日本では、第一次世界大戦の前ですから、どれだけ進んだ方だったか、わかる気がします。

カルティエは、そのデザインを1913年にリストウォッチとして発売します。

そこから、2019年現在までステンレス素材は、発売されていなくて、プレシャスウォッチのみの発売。

ようは。ジュエリーウォッチしか作っていないと言う事ですね!(^.^)

ステイタスが高いですよねー(^.^)

新作など発表されずに、10年間アレンジの無い時間があったのにもかかわらず、カルティエのジュエリーウォッチの中では不動の人気で、眠れる森の美女とも言われていると、雑誌に書かれた事もあるそうです。

そんなベニュワールが、今年新作として発表した形が本当に、当時のままの雰囲気を出していて、女性にしか使用出来ないエレガントな時計なんです( ´ ▽ ` )

気品があって、とっても憧れる時計です!

18Kイエローゴールド無垢に、カボションカットされた、リューズはブルーサファイアです。

インスタグラムでも、沢山載ってますよ!

もちろん!ダイヤケースの、ふんだんにパヴェセッティングが、施されたベニュワールもステキです!

こちらは、18Kホワイトゴールドに、ラウンドブリリアントカットダイヤのパヴェセッティング。リューズもダイヤモンドで、先端のキューレット、尖った部分がリューズとして出ています。

フゥーーー。本当に素敵な時計です。

是非、皆様も店頭でご覧になって下さいね(^.^)

他アイテムの情報は下のリンクからどうぞ(^^)

⬇️

時計 はこちらから

結婚指輪婚約指輪 はこちらから

ジュエリー はこちらから

PageTop

Copyright © Jewelry Paris Inc. All Rights Reserved.