Information

2018年06月18日      トピックス , Watch

IWC パイロットウォッチ タイムゾーナー

今日のIWCは、歴史を少しおさらいしたいと思います。

IWCは1868年、フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズが、スイス チューリッヒ近郊のシャフハウゼンにて創業しました。

フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズは、アメリカのボストン生まれの時計職人。

スイスに渡る前年までウォルサム創業者アーロン・ルフキン・デニソンのパートナーであったE・ハワードが経営するE・ハワード・ウォッチ・カンパニーで時計技術を習得。

※この頃アメリカの時計産業は機械による懐中時計の大量生産が確立されていました。

C.L.ギターと共にスイスに渡ってきたジョーンズ。

彼はアメリカ式生産技術をヨーロッパで発展させ、スイスの伝統的時計製造の技術と融合させることで効率的でより完成度の高い時計作りを目指しました。

※当時、大多数の人々は成功を求めて西部へと進出していましたが、ジョーンズはまだ比較的低賃金のスイスに目を付け、労働力を利用しようとしました。

一流時計メーカーの集まるジュネーブではなく、なぜシャフハウゼンで創業したのか・・・

当時シャフハウゼンは、ライン川を利用した水力発電所の建設が進められており、工作機械のによる時計製造に必要な電力が確保できたから。

ジョーンズは、シャフハウゼン出身のハインリッヒ・モーゼルと出会います。

ハインリッヒ・モーゼルはシャフハウゼン出身の時計職人でありロシアで実業家としても成功していました。

モーザーによって建設されたライン川の水流を利用した発電所がシャフハウゼンにはあり、ジョーンズは、工作機械による時計製造に必要な電力を備えたモーザーの工場借り受けることに成功。

現在もシャフハウゼンで時計を作り続けるIWCが、ドイツ語圏であるシャフハウゼンで創業した理由です。

また、シャフハウゼンには長きに渡る時計製造の歴史もありました。

弱冠27歳の青年ジョーンズは、歴史を持つ街に、精度に誤差がない高品質な時計を自社で大量生産し、それをシャフハウゼンで作られた時計として世界的に有名にしようという野望を描きやってきました。

IWC創設の背景には、アメリカ人魂と開拓者精神があります。

IWC担当者がオススメするモデルをご紹介致します❗️

パイロット・ウォッチ・タイムゾーナー・クロノグラフ

なんといってもこの時計の特徴はこれ❗️

一つの回転操作だけでタイムゾーンの変更が可能です。ベゼルを上から押しながら希望のタイムゾーンにベゼルを合わせたら、手を離す。これだけの操作で時針、昼夜の識別が簡単な24時間表示、日付表示がそれぞれのタイムゾーンに合わせて自動的に変更されます。

海外に電話をかけたい場合など、対応する都市名を12時の位置にさっと合わせ、相手先の時間帯を確認したら、またすぐに戻すことができます。同様に、タイムゾーンが頻繁に変わる場合でも、滞在先や自宅の現地時間に合わせて設定を自在に変更できます。ぜひ実物を店頭でご覧ください。

IWCについて、詳しくはこちら

PageTop