Information

2017年03月31日      トピックス , Watch

IWCの魅力

皆様こんにちは!!春らしい陽気になり、手元も徐々に出す季節になってきましたね♪

本日は、IWCの魅力とともに、代表作をピックアップしてご紹介していきたいと思います♪

まずは『パイロットウォッチ』から☆

パイロットが飛行を行う上で必要となる視認性、堅牢性、正確性を満たした時計です。
コクピット内にある計器の磁気に影響されずに正確な時刻を保たせる防磁加工、視認性を保つために太陽の光を反射させない無反射強化ガラス、ケースもヘアラインやマット加工により反射を抑えるケース仕上げ、パイロットが手袋をした状態でも操作ができるようにリューズを大型にしているのが特徴。そのような実用性を重視した作りもありデザインは基本シンプルだが、力強い男らしさの中にどこか繊細さも秘めているところから現代にも受け継がれ、また受けいられる時計へと成長を遂げました。

IWCのパイロットウォッチ、特にマークシリーズは過去から現在にかけ慣れ親められている代表モデル。歴史も深い。
○1936年に軍専用パイロットウオッチを発表。

○1948年パイロットウオッチマークXIを発表。イギリス空軍に30年受託された。

○1994年パイロットウオッチ.マークXIIを発表

○1999年パイロットウオッチ.マークXVを発表  ケース形37mm

○2006年パイロットウオッチ.マークXVIを発表。 ケース形39mm

○2012年パイロットウオッチ.マークXVIIを発表。ケースサイズ過去最大の41mm。また航空機の高度計から着想を得た特徴的な3日デイト表示

○2016年パイロットウオッチ.マークXVIIIを発表。ケースサイズも40mmにサイズダウン。ダイヤルも黒文字盤、ホワイト文字盤、ブルー文字盤と3カラーを一同に登場させ幅広い選択ができるように。革ベルトもカーフ素材になりイタリアメーカーのサントーニ社製のものを使用しベルト裏側はオレンジ色で艶やかに。金属製ステンレスブレスもあり、フォーマルな装いで、しっかりハマってくる。

スペックは変わらず耐磁製軟鉄製インナーケースを使用。身の回りで多く存在する磁気からの影響を受けにくくする仕様は現代にあわせて造られたものではない。歴史あるモデルが現代にマッチしたマークシリーズは永久に続くことは間違いないでしょう。

『ポルトギーゼ』

ポルトギーゼシリーズ自体は1930年にポルトガル商人がIWCに開発を依頼した高精度なマリンクロノメーターに由来。

IWCはポケットウォッチの大型時計を見事腕時計にし搭載することで彼らの要望に見事に応えました。
当時としては考えられないほどの大きな時計で直径も41mmありました。しかし、このビッグフェイスこそが現行のポルトギーゼの基本となり、今もポルトギーゼ.クロノ.オートマティックは当時のサイズに最も忠実な直径40.9mmを採用しています。
1995年に登場したポルトギーゼは当時から基本デザインは何も変わらないというベストセラーモデル。IWCの中でも最も人気の高いモデルの一つ。

エンボス加工のアラビア数字は決して主張し過ぎることもなく、長く伸びたリーフハンドの針もとても品の良さを感じさせてくれる。このようなシンプルで味わい深い雰囲気、決して飽きのこないデザインが人気の秘訣なのでしょう。
『ポートフィノ』

IWCラインナップの中でも1番シンプルで控えめなモデルだがとても気品高く洗練されている。

モデル名のポートフィノはイタリア北部ジュノバの近くにある海辺のリゾート地が由来。イタリアではポルトフィーノと呼ばれているそうです。

高級リゾート地で有名人が古くから訪れることでも知られている。東京ディズニーランドのテーマポート、ユニバーサル.オーランド.リゾートにある「ポルトフィーノ.ベイ.ホテル」のモデルにもなったようです。
そのポートフィノシリーズでも人気の高いモデルが、ハンド.ワインド.エイトデイズ。

手巻きムーブメントだが毎時28800振動とハイビート機能を搭載。大きな香箱で9日間のロングパワーリザーブを実現しながらもあえて8日間で停止するように設計されています。ゼンマイが完全に解けてしまう前にムーブメントを止めることで、トルクが弱まることなく8日間の精度を保たせています。

フェイス面もアップライトインデックスに細くしたリーフハンドが上品さをだしています。9時位置のパワーリザーブインジケーターで残量をしっかり確認することが出来ます。

またもう一つの特徴が革ベルト。裏地の色がオレンジ色を使用しており、その革ベルトを手掛けているのがイタリアの革靴ブランドのサントーニ。創業はわずか40年と革靴ブランドの歴史は若いと言われています。しかしサントーニは歴史を持つ革靴ブランドと全く引けをとらない、クオリティ重視した制作行程の全てを手作業で行う。また10も超える様々な製法を使い分ける。拘りが強く職人気質が高いのはIWCも同じ。拘るからこそサントーニという革専門メーカーとのパートナーシップを設ける事に踏み切ったのでしょう。

ポートフィノシリーズはその他にもシンプルな3針ウオッチやクロノグラフ、革タイプ、ブレスタイプとバリエーションもかなり豊富に揃っている。シンプルだが気品ある佇まいは高級感がしっかりでている。必ずあなたのパートナーになるモデルが見つかります。
IWC の時計、ぜひ店頭にてご覧ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ジュエリーパリ

ブランドウォッチについては、こちら

ブライダルブランドについては、こちら

ファッションジュエリーについては、こちら

ジュエリーパリInstagramも、アカウトが増えました!

ジュエリーパリブライダル@j_paris_bridal

ジュエリーパリロレックス@rolex_j_paris

ジュエリーパリネット通販@petit_paris_official

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

PageTop

Copyright © Jewelry Paris Inc. All Rights Reserved.